市田柿

協議会について
組織の概要
 当ブランド推進協議会は、平成18年11月に地域団体商標取得後、平成19年3月に設立いたしました。
 この協議会の構成団体は、商標の使用協定を結んだ生産・集荷販売業者や組織、関係する行政組織等、37団体で構成されています(平成25年1月現在)。この組織の目的は、おいしく安全な商品を、全国のお客様にお届けするために干し柿の品質を保持することにより、伝統の「市田柿」を守り続けることです。
 このため、産地内の業者が手を携えて、衛生管理の徹底や、粗悪品の流通防止に取り組んでいます。
総会の様子(H24.6)
総会の様子(H24.6)
協議会の事業方針を決定し、
産地内の意識統一を図る重要な会議です。